トップページ > 包括脳ネットワーク行事> 2015年度シンポジウム 
 

関連リンク

神経科学者SNS ログイン画面

researchmap
INCF日本ノード

 

オンライン状況

オンラインユーザー42人
ログインユーザー0人
登録ユーザー2204人
887662
 

2015年度 包括脳ネットワーク冬のシンポジウム

 2015年開催概要 プログラム 参加要領・懇親会・お弁当について 発表・抄録・若手賞について
 

開催概要


日 時2015年12月17日(木)~12月19日(土)
会 場一橋大学 一橋講堂 学術総合センター2F 絵文字:矢印 右東京医科歯科大学へのアクセス
[ 懇親会:学士会館 ガーデンパレスへのアクセス ]
参加費無 料 (事前申込が必要です。参加要領をご参照ください。)
企 画シンポジウム運営委員会
主 催文部科学省『包括型脳科学研究推進支援ネットワーク』 
共 催文部科学省新学術領域研究
 ・脳内環境:恒常性維持機構とその破綻
     代表:高橋良輔 研究期間:平成23─27年度
 ・統合的神経機能の制御を標的とした糖鎖の作動原理解明
     代表:門松健治 研究期間:平成23─27年度
 ・精神機能の自己制御理解にもとづく思春期の人間形成支援学
     代表:笠井清登 研究期間:平成23─27年度
 ・予測と意思決定の脳内計算機構の解明による人間理解と応用
     代表:銅谷賢治 研究期間:平成23─27年度
 ・マイクロエンドフェノタイプによる精神病態学の創出
     代表:喜田聡 研究期間:平成24─28年度
 ・共感性の進化・神経基盤
     代表:長谷川壽一 研究期間:平成25─29年度
 ・グリアアセンブリによる脳機能発現の制御と病態
     代表:池中一裕 研究期間:平成25─29年度
 ・こころの時間学 ―現在・過去・未来の起源を求めて―
     代表:北澤茂 研究期間:平成25─29年度
 ・多様性から明らかにする記憶ダイナミズムの共通原理
     代表:齊藤実 研究期間:平成25─29年度
 ・ 行動適応を担う脳神経回路の機能シフト機構
     代表:小林 和人 研究期間:平成26─30年度
 ・ 脳タンパク質老化と認知症制御
     代表:祖父江 元 研究期間:平成26─30年度
 ・ 脳内身体表現の変容機構の理解と制御身体性システム
     代表:太田 順 研究期間:平成26─30年度

脳と心のメカニズム

理化学研究所脳科学総合研究センター

日本神経科学学会 

日本神経化学会 

日本神経回路学会

自然科学研究機構 新分野創成センター

ポスターダウンロードPDF:1MB

2015年度シンポジウム
ポスターダウンロード
(PDF:1MB)

問い合わせ先                                       
 事務局: 高田昌彦 / 京大 霊長研takada.masahiko.7x@kyoto-u.ac.jp 
  渡辺雅彦 / 北大watamasa@med.hokudai.ac.jp
   
 
      


 ◎受付期間
 「ポスター発表抄録」「若手優秀発表賞」 の登録9月1日─10月5日9日
 参加登録 / 懇親会申込み9月1日─11月2日13日
 懇親会費の振り込み9月1日─11月17日


包括脳ネットワークの会員ではない方も直接このウェブサイトから参加申し込みができます。

ポスター発表に応募される方は、包括脳ネットワークの会員である必要があります。包括脳ネットワークに会員登録する方法については、包括脳ネットワークホームページの「参加方法」をご参照下さい。(入会金・年会費等無料です)

2010年8月に登録方法が簡略化されましたが、発行までには数日かかる場合がございますので、お早めに申請をお願いいたします。 



 


 プログラム 参加要領・懇親会・お弁当について 発表・抄録・若手賞について