トップページ > 包括脳ネットワーク行事> 2012年度開催概要 
 

関連リンク

神経科学者SNS ログイン画面

researchmap
INCF日本ノード

 

オンライン状況

オンラインユーザー57人
ログインユーザー0人
登録ユーザー2203人
910219
 

2012年度 包括脳ネットワーク夏のワークショップ

  iflame iflame iflame
 

開催概要

日 時2012年7月24日(火)~7月27日(金)  絵文字:矢印 右登録受付期間
会 場
仙台国際センター(仙台市青葉区青葉山)        
 http://www.sira.or.jp/icenter/
会場内では、無線LAN等のインターネット接続サービスの提供はありませ
参加費無 料 (事前申込が必要です。参加要領をご参照ください。)
企 画ワークショップ運営委員会
主 催文部科学省『包括型脳科学研究推進支援ネットワーク』 
共 催文部科学省新学術領域研究 
・「学際的研究による顔認知メカニズムの解明
  (代表:柿木隆介) 
・「ヘテロ複雑システムによるコミュニケーション理解のための神経機構の解明
 (代表:津田一郎) 
・「シナプス・ニューロサーキットパソロジーの創成
 (代表:岡澤均) 
・「メゾスコピック神経回路から探る脳の情報処理基盤
 (代表:能瀬聡直) 
・「神経細胞の多様性と大脳新皮質の構築
 (代表:山森哲雄) 
・「質感認知の脳神経メカニズムと高度質感情報処理技術の融合的研究
  (代表:小松英彦) 
・「動く細胞と場のクロストークによる秩序の生成
  (代表:宮田 卓樹)
・「脳内環境:恒常性維持機構とその破綻
 (代表:高橋 良輔)
・「統合的神経機能の制御を標的とした糖鎖の作動原理解明
 (代表:門松 健治)
・「精神機能の自己制御理解にもとづく思春期の人間形成支援学
 (代表:笠井 清登)
・「予測と意思決定の脳内計算機構の解明による人間理解と応用
 (代表:銅谷 賢治)
・「血管ー神経ワイヤリングにおける相互依存性の成立機構
 (代表:高橋 淑子)

文部科学省脳科学研究戦略推進プログラム 

科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業 (CREST、さきがけ) 
・「精神・神経疾患の分子病態理解に基づく診断・治療へ向けた新技術の創出
 (研究総括:樋口輝彦 )
・「脳神経回路の形成・動作原理の解明と制御技術の創出
 (研究総括:小澤瀞司)                                
・「脳情報の解読と制御
 (研究総括:川人光男 )
・「脳神経回路の形成・動作と制御
 (研究総括:村上富士夫)

脳と心のメカニズム

理化学研究所脳科学総合研究センター

日本神経科学学会  

日本神経化学会 

日本神経回路学会

自然科学研究機構新分野創成センター


 
                                


2012年ワークショップポスター

  2012年夏のワークショップ
ポスターダウンロード
(PDF:1MB)

問い合わせ先                           
 事務局: 高田昌彦/京大 霊長研 takada@pri.kyoto-u.ac.jp   
  岡部繁男/東大 okabe@m.u-tokyo.ac.jp
   
       


 ◎受付期間
 参加登録 (懇親会・お弁当の注文) 締切ました
 ポスター発表・抄録・若手優秀発表賞 の登録 締切ました

今年度から参加登録の際に包括脳ネットワークの会員資格は必要なくなりました。直接このウェブサイトから参加申し込みができます。

ポスター発表に応募される方は、包括脳ネットワークの会員である必要があります。包括脳ネットワークに会員登録する方法については、包括脳ネットワークホームページの「参加方法」をご参照下さい。(入会金・年会費等無料です)

2010年8月に登録方法が簡略されましたが、発行までには数日かかる場合がございますので、お早めに申請をお願いいたします。